カードローンで陥ってしまう罠は?

カードローンは、不思議なローン商品であり、使い方によっては一番利息支払が少なくなる便利で有利なローンである反面、使い方を誤ると泥沼にはまってしまう危険な面も兼ね備えています。
上手に使う人は、契約の段階から返済がしやすい金融機関を狙って契約をしています。
そして、借りたらできる限り早期に返済するようにしています。
給料日等でお金が入ったら最優先で返済をしているのです。
そのため、利息が多額にならずに返済額も少なくなります。
これに対し、カードローンで泥沼にはまる人は、使ってしまっても毎月の定額返済だけで返済した気になっています。
毎月の定額返済は利息支払に消えますから、元本は減りません。
完済しないうちに次の資金需要が発生して、残高が膨らみ支払額が多くなっていくのです。
りそな銀行カードローンは土日も即日融資